Q&A集

患者様からお寄せいただいたご質問と、それに関するお答えを掲載させていただきます。
今後新たなご質問が増えましたら順次アップしていく予定です。


●当院に関して

<Question>
整骨院ってどんなところですか?

<Answer>
解剖学、生理学、運動学などを学び「柔道整復師」という国家資格を持ったスタッフが捻挫、打撲、挫傷、骨折などの治療にあたる治療院を指します。投薬やレントゲンなどの検査は出来ませんが、徒手検査などを用い、また患部に直接触れることで状態把握、治療などを行って行きます。また、当院ではレントゲンやMRIなどの精査が必要な場合には提携の整形外科をご紹介致しますので安心です。

<Question>
健康保険は使えますか?

<Answer>
整骨の治療に関しては健康保険が適用になりますので保険証をお持ちください。また、健康保険のみではなく、自動車事故などによる自賠責、仕事中の事故などによる労災に保険適用が可能です。

<Question>
鍼治療、腸もみにも保険は使えますか?

<Answer>
鍼灸治療、耳ツボ療法、腸もみ、EMS、テーピング治療は保険適用外となっております。

<Question>
他の院からの転院は出来ますか?

<Answer>
はい、可能です。転院してくることに法的制限はございません。特に必要書類もないのですが、転院してきた旨を初診時にお伝え頂けると診察がスムーズです。

<Question>
治療時間はどれくらいかかりますか?

<Answer>
初診の場合は、予診票をご記入頂いたりお身体の状態の確認を致しますので、50分~1時間程度見て頂いています。2回目以降は30~50分程度です。もしお急ぎの場合は受付時にお申し出ください。可能な限り対応いたします。鍼やマッサージなどの追加をご希望の場合はこれにお時間がプラスされていきます。

<Question>
どれくらいの頻度で通えばよいですか?

<Answer>
お身体の状態や痛めた部位によって異なりますが、痛みがある時期はなるべく詰めて通っていただいた方が早く痛みが和らぎます。いずれにしても、一度の治療で治るという事は難しいので続けて来院して頂くことをお勧めしており、どの程度通えばよいかは症状をみてご提案いたします。

<Question>
予約制ですか?

<Answer>
当院は予約優先です。予約なしでも診察は可能ですが、お待たせしてしまうことがありますので事前の予約をお勧めしています。こちらのフォームから予約できます。

<Question>
受付時間は何時までですか?

<Answer>
受付時間は毎月更新される予定表をご確認下さい。受付時間内においでいただければ、受付時間を過ぎての治療も可能です。

<Question>
交通事故にあってしまいました・・・。

<Answer>
当院での治療が可能です。詳細をご説明いたしますのでお電話、メール等でお問い合わせ下さい。また、診療項目の中にも事故の治療の説明がございますのでご参考になさって下さい。

<Question>
労災は適用になりますか?

<Answer>
はい、適用になります。専用の書類を会社に書いてもらう必要がありますので、会社の担当部署に当院に通いたい旨をお伝えください。分からない場合は当院までご相談頂ければご説明致します。

<Question>
往診をお願いしたいのですが・・・。

<Answer>
往診も可能ですが、可能でしたら一度は当院にご来院頂いています。お身体の状態でこちらに来ることが難しい場合はご相談ください。お時間等は担当者との相談の上決定していきます。

<Question>
駐車場はありますか?

<Answer>
マンション入口隣の駐車場が当院専用駐車場です。

<Question>
着替えは必要ですか?

<Answer>
特に施術の際に服装は指定がありませんが、リラックス出来る服装でいらっしゃって下さい。また、お仕事や外出帰りの方のためにお着替えのご用意もございますので(100円)、必要な際はお申し付けください。

<Question>
子供を見てくれる人がいないので連れて行きたいのですが・・・。

<Answer>
キッズスペースのご用意がありますのでお気になさらずにお連れ下さい。ご要望により一緒にブースに入っていただくことも可能です。いつも遊んでいるおもちゃなどがあればお持ち下さい。


●治療に関して
-整骨治療に関して-

<Question>
お薬を処方して欲しい

<Answer>
当院ではお薬の処方やレントゲン撮影、注射などの処置は行っておりません。診察してお薬が必要と判断した場合には提携の整形外科をご紹介致します。

<Question>
痛みがある時はコルセットを使用した方がいいの?

<Answer>
一般的に、いわゆるぎっくり腰やむち打ち症の直後などは患部の安静を保つためにもコルセット着用を奨励することが多いです。痛みが出た時期、その後の経過などにより異なりますので詳細は当院までご相談ください。

<Question>
患部は温めた方がいいの?それとも冷やした方がいいの?

<Answer>
これも痛めた場所、痛めてからの経過によって異なりますが、基本的に痛めた直後は患部を冷やした方が良い事が多いです。また練習やトレーニングの後で熱を持っている場合なども冷やした方が良いでしょう。しかし、20分以上冷やすと凍傷などの可能性が出てきてしまうので注意が必要です。もちろん、場合によっては温めた方が良い場合もありますので、判断に迷う場合は専門家に相談してください。

<Question>
マッサージは痛い方がいいの?

<Answer>
マッサージは痛いのを我慢した方が効果が高いと思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。痛みに耐えてマッサージを受け続けていると、筋肉は緩むどころか硬くなって緩みにくくなってしまいます。効果がある刺激量は個人差があります。私達は個々に合う強さで刺激していきますが、気になることはその場で遠慮なさらずおっしゃって下さい。

-鍼に関して-

<Question>
鍼とは何ですか?

<Answer>
変のあるところやツボに鍼を打つことで血流の改善を促したり、体内のバランスを整えたりします。

<Question>
鍼は痛いですか?

<Answer>
鍼というと注射のイメージから痛いと想像されるかもしれませんが、使用する鍼は髪の毛程度の細さのもので、体内に入ればほとんど痛みはありません。鍼治療を試してみてどうしても合わないと感じるようでしたら、無理に治療を進めることは致しませんのでご安心ください。

<Question>
鍼は使い捨てですか?

<Answer>
当院で使用している鍼は全て使い捨ての鍼ですので清潔です。

<Question>
鍼治療の後、してはいけないことはありますか?

<Answer>
基本的に通常通りに生活をして頂いて問題ありません。ただ、一時的に身体がだるくなったり眠くなったりすることがございますので、運転などは気をつけて下さい。

<Question>
美顔鍼はお化粧していても受けられますか?

<Answer>
お化粧したままでの施術が可能です。鍼を打つ前にお顔の消毒を致しますので、ファンデーション等が部分的に落ちてしまいます。気になる方はメイク直しをお持ち頂いてお帰りの際に直して頂いています。

-腸もみに関して-

<Question>
腸もみとは何ですか?

<Answer>
腸は第2の脳とも言われ、栄養や水分を吸収し、老廃物を排泄するだけでなく、免疫システムの約70%、幸せホルモンともいわれるセロトニンの約90%が存在しているなど、体重や免疫気分とも深くかかわっています。このように多くの働きを持つ腸をもみほぐすことで、血流を促し、腸が働きやすい環境を整えていきます。

-お灸に関して-

<Question>
お灸とは何ですか?

<Answer>
よもぎの葉についている絨毛を乾燥させて作ったもぐさを患部で燃焼させます。それにより血流が改善されたり、身体を温めたりする効果、痛みを和らげる効果があります。

-耳ツボに関して-

<Question>
耳ツボとは何ですか?

<Answer>
耳にあるツボを金粒で刺激して体質改善を行うものです。一般的には瘦身が有名ですが、刺激するツボを替えれば更年期障害、めまいなどにも効果がありその汎用性は高いです。片側に耳のツボを刺激金粒で刺激したら、翌週は反対の耳のツボを刺激していきます。体質改善になりますので、効果が表れるまでには数か月を要します。